結婚したい人が集まる場です

ネット婚活で結婚

ネット婚活は交際期間が短く、スピード婚になりやすいと耳にしたことがある人も多いのではないでしょうか。

 

実際、ネット婚活で出会ったカップルは成婚に至るまでの交際期間が1年未満ということが多く、恋愛結婚の交際期間に比べると格段に短期間ということが多く見られます。

 

ではなぜスピード婚になりやすいのかというと、ネット婚活を始める人の目的は「結婚相手を探すため」と、結婚願望があることが前提だからです。

 

どんなに相性の良い相手と出会えても、その人に結婚願望が無ければなかなか結婚へと結びつきませんが、ネット婚活の場は大前提として「結婚したい」人が集まっているので、そこで出会った男女は自ずと結婚という目的に向かって進むことになり、結果としてスピード婚になりやすいと言えます。

理想の結婚相手を探す場です

ネット婚活から始まる交際期間が短く成婚に至るのは、出会いの時点で理想の相手に近い人を選んでいるからという側面もあります。

 

ネット婚活はデータマッチングです。自分の持っている理想の結婚相手の条件とマッチした人を膨大な会員の中から探すので、元々ピックアップされる人は理想の条件をある程度満たしている人ということになります。

 

恋愛の出会いの場合は条件というよりも接している過程で恋愛感情が湧いたり、条件から入るというわけでは無い場合も多いので、結婚に至るまでは相手を見極める時間が必要となります。

 

しかし、ネット婚活は出会いの時点で理想の相手の条件とマッチしているため、長い交際期間を経て相手を見極めるということが恋愛結婚と比べて短くて済むのでスピード婚につながりやすいのです。

ネット婚活でも業者は選ぶべき

ネット婚活は結婚までが早い、といってもすべてのネット婚活サイトが当てはまるわけではありません。

 

中には結婚相手を真面目に探すよりは冷やかしで遊び相手を探すような、いわば真剣度の低い会員がいるリスクもあります。

 

そんなリスクを回避するには、真面目に婚活に取り組んでいる会員が多いサイトを選ぶ必要がありますが、その見極めポイントは入会時にID確認などで本人の身分証明をしっかりすること、そしてある程度の課金を伴うことは欠かせません。

 

婚活に高いお金をかけたくないという人もいるかもしれませんが、冷やかしの人はお金を払ってまで登録しないので、有料であることは真剣度の低い人を振るい落とすフィルターになります。

 

真剣に婚活に取組む人が多ければ多いほど成婚率は高まるため、入会の時点でサイトを見極める必要があります。