男女

妊娠している女性を支える葉酸が大人気|健康妊婦ライフを始めよう

まずは検査を受けよう

妊婦さん

昔は子どもができない理由は女性だけにあるとされていました。しかし、近年は医学の進歩によりその原因が女性だけにあるわけではないということがわかったのです。パートナーとの間になかなか子どもができない人は無精子症という病気について調べてみるといいでしょう。無精子症というのは男性不妊の原因の1つで、精液の中に全く精子がないというものです。近年はこの無精子症で悩まされている人が多くなっていて、100人中1人の確率で無精子症だといいます。無精子症は大きく2つに分けることができ、閉塞と非閉塞に分けられます。閉塞と呼ばれるものの場合は精巣内で精子が作られているのですが、精管が閉塞していることで射精しても精子が含まれない状態になってしまうのです。尿路感染や鼠蹊ヘルニアの手術が原因で精管が閉塞してしまう場合もあるといいます。一方非閉塞の場合は、精管が閉塞していなくても精子が出てこない状態のことです。精巣内でわずかに精子が作られている場合、精子の成長が途中で止まっている場合、全く作られない場合などがあります。ホルモンの異常や病気、精巣の機能に何らかの問題が起こり無精子症を引き起こしているようです。例え、これらの無精子症と判断されても、赤ちゃんを授かる可能性がゼロになったというわけではありません。原因のはっきりしていない点も多い病気ですが、たくさんの治療方法があります。その治療を受けることで無精子症が改善され、パートナーとの赤ちゃんを授かることができるようになるでしょう。まずは、近くの病院で検査を受けましょう。